Life in Leon

mexicoleon.exblog.jp ブログトップ

チチェン・イツァ Chichén Itzá

a0110123_16254982.jpg
あれよあれよという間に年が明けて、2010年の元旦。
初詣ならぬ初ピラミッドを拝みに、レンタカーでひたすらまっすぐな高速道路200kmを飛ばしてチチェンイツァへ。午前中の早い時間に着いたのでまだツアー客もおらず、ガラガラ。
チチェンイツァはメキシコの大地に残るマヤの巨大な古代遺跡で、ユネスコの世界遺産にも登録されている。
しかし、メキシコのどの遺跡にも増して研究されたにもかかわらず、歴史の大部分は今なお謎に包まれている。
a0110123_16261113.jpg
a0110123_16273398.jpg
9世紀初頭に完成したと言われる神殿、エル・カスティージョ El Castillo 。
別名ククルカン・ピラミッド。底辺55.3m、高さが24m、(上部の建造物を足すと30m)各面には90段の階段があり、それにソカロと呼ばれるベースを足して、91×4面=364段。
それに神殿へ上がる1段を足すと365段となり、各段が1日を表している。
メキシコで最も美しいピラミッドと言われ、数年前までは登ることができたが現在は登頂禁止。残念!
a0110123_16264256.jpg
球戯場の隣に建つジャガーの神殿 Templo de los Jaguares。
内部には10世紀のトルテカ人侵入の際の戦闘風景が描かれている。
a0110123_16292814.jpg
戦士の神殿 Templo de los Guerreros。
周囲を戦士の絵を彫った無数の柱に囲まれ、千本柱の宮殿とも呼ばれている。
a0110123_16294761.jpg
球戯場 Juego de Pelota。
南北168m、東西70mあるメソアメリカ最大の球戯場。マヤ人は手を使わずに上腕や腰でボールを打つ球戯を、豊穣の神に祈りを捧げる宗教儀式として行っていた。

ここまで見たところで徐々に日差しがジリジリとしはじめたため・・・この辺で退散!
続いて、1994年に発掘、復元がはじまったばかりだという新しい遺跡、エク・バランへ。
a0110123_2533395.jpg
a0110123_2535947.jpg
主神殿(王の墓)Templo del Plincipal(Tumbas)。
このエリア最大級の高さ33m、底辺は150m×60m。紀元600~900年頃のマヤ古典期後期に建てられたものとされ、全体は6層からなる。この主神殿からはほかのマヤ遺跡に類ないほどの多数の見事な彫刻が見つかっており、屋根のかけられているところにレリーフが残されている。
a0110123_322322.jpg
a0110123_3164698.jpg
a0110123_35181.jpg
この主神殿は登ることができ、傾斜のきつい階段を上がると頂上からはエクバランの全景とジャングルの大平原を眺めることができる。登るのも、降りるのもけっこう怖かった!
こんなうっそうと茂る緑の中に突如現れる遺跡の数々。
これでもまだ全体の20%程度しか手がつけられていないというから、本当にまだまだ謎に包まれたままだ。
[PR]
by mexicoleon | 2010-01-20 16:40 | 旅行
line

初海外赴任記録 2007/6~2012/4 メキシコ


by mexicoleon
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite