人気ブログランキング |

Life in Leon

mexicoleon.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:妊娠 en México( 7 )

日々成長中

a0110123_1230443.jpg


暖かくて、湿気もなくて、快適なレオンで誕生してから早一ヶ月半。あたち、すくすく育っております。
みぃにぃちゃんと比較すると、まだまだ小さいけど、鱈腹おっぱい飲んで、寝まくって、毎日大きくなってるよん。

あと3週間で日本に帰るので、あたち、もっと体力付けないとね。
あたちが大好きなパパ曰く、合計15時間のフライトだとか・・・レオン産まれで乳児のあたちを連れてどこ行くのさ。

最近はにぃにぃがあたちの事、ダッコしてくれるの。とってもやさしくて、ダッコも上手だし、大好きなの。
これからもヨロシクね、大きいにぃちゃん❤

a0110123_12372342.jpg

by mexicoleon | 2012-04-07 12:38 | 妊娠 en México

38週の検診

a0110123_13185489.jpg
私の担当産婦人科医、Dra.Romanです。
やっぱり何となく女性の先生だと話しやすいし、落ち着く感じがします。
10代の2人のお嬢さんがいるお母さんでもあり、何度となく検診で通ううちにだいぶ慣れて最近ではいつものママ友達と話しているのとあんまり変わらない感じです。

さて、38週での検診を終えました。
35週まではずーっと1ヵ月毎でその後37週からはさすがに1週間おきの検診になってます。
35週時点で推定体重が2,800gあると言われて驚きましたが、それからはほとんど増えている様子はないのでどうやら測定誤差の範囲?なのかなという感じです。
なんとなーく下がっている感じはあるし、今回初めて内診をして子宮口も2センチほど開いてきているようなので、先生曰く、遅くても予定日までには産まれるでしょうとのこと。ほんまかいな?!

a0110123_13361813.jpg
そしてこれが私が出産をする病院Hospital Angeles、スペイン語読みでオスピタルアンヘレス。メキシコ国内にいくつも系列があり、24時間救急も受け付けている総合病院です。
左側の白い建物が入院手術棟、右側の茶色い建物が外来診療棟。
各科の医師が診療棟に1部屋ずつ診察室を持っていて、それぞれの医師に直接予約を取って診察を受けます。
ちなみに自然分娩(といっても無痛分娩ですが)ではなんとわずか1泊で退院です。
帝王切開の場合でもたったの2泊しかしません!
a0110123_13583461.jpg
これまで小児科、整形外科、内科、皮膚科といろいろお世話になってるので部屋がわからなくなって迷子になりそうになりますが、この一覧でまずは確認。
べべの誕生後はいつも子供たちを診てもらっている小児科医(←ちなみにこの方、偶然にもオットのフットサルの対戦相手!)に診察をお願いする予定です。
a0110123_13591375.jpg

大きな病院ではありますが、日本の総合病院の産婦人科のように毎回診察する医師が変わるということはないので、どっぷり担当医を信じてお任せするのみ!?です。
毎回の検診もエコーにたーっぷり時間をかけ、(たとえどんなにあとの予約患者を待たせようとも・・・)診察中に世間話や家族の話に花を咲かせてしまうあたりがいかにもメヒコだなーと思いながら通ってます。。。
by mexicoleon | 2012-02-18 14:11 | 妊娠 en México

Baby Shower

a0110123_0213394.jpg
2月も半ばを過ぎましたが・・・今のところまだ産まれてません。お待たせしております(!?)

さて、先月中旬友人たちがBaby Showerを企画してくれました。
Baby Showerは赤ちゃんが産まれる前の余裕のある時に、先に出産のお祝いをしてしまおうというアメリカではポピュラーなお祝いの仕方です。
もともとメキシコ発の習慣ではないため「Baby Shower」と英語のままで呼ばれています。

日本的な考え方だと無事に誕生するまでは念のため・・・と、こういう習慣に馴染みにくいところがありますが、無痛分娩や帝王切開が合理的に考えられている海外ならでは、すべてうまくいくという前提で考えられているのを実感します。

この日はゴルフ場のレストランで、朝食を兼ねて総勢20人ほどの友達が集まってくれました。
幹事役はあらかじめみんなに連絡したり、出席者へのミニギフトを用意したり、プレゼントの希望を聞いてくれて何から何までいたれりつくせりといった感じ。本当に本当にありがたい限りです。

そして、このBaby Showerは赤ちゃんの名前のお披露目も兼ねていて、出席者にはべべの名前の書かれたバッチが配られ、みんなお揃いでつけてくれていました。
メキシコでは名前を2つつける場合が多い(同じ名前ばかりなので・・・)ので、もうひとつの名前はどうするの?という話になり、あれがいいこれがいい、と勝手に命名して盛り上がってました・・・
最後には我が名前こそいちばん!という主張大会になったのは言うまでもありません・・・

a0110123_0314228.jpg
途中で赤ちゃんにまつわるゲームをしたりするのですが、この日はちょっとしたペーパーテスト?が行われました。
みんないつになく真剣です。それまで「散々」しゃべり続けてたのにいきなりしーん・・・となり・・・
a0110123_0333812.jpg
何種類かありましたが、これはベベ関連の単語を見つけだす問題。
でもすぐにカンニング大会になってて笑えました・・・その一方でまだやってんの?!と言われながら意地になっていつまでもずーっと解いてる人もいたりなんかして・・・ほんとに愉快な人たちです。
みんなで大いに盛り上がり、ワイワイガヤガヤとても楽しい時間でした。
a0110123_252245.jpg
贈っていただくプレゼントも、デパートであらかじめ欲しいものリストを作っておくとその中から選んで揃えてもらうこともできます。
初めての赤ちゃんを迎える場合だとこの方式、すごく便利ですよね。
しかーし、私はもう大抵の育児用品は持っていること、帰国があるので出来れば物を増やしたくないこと・・・という事情もあり現金でお祝いをありがたくいただきました。
それぞれの封筒にはたくさんのメッセージが書き添えられており、とても暖かい気持ちになりました。
みんな、ありがとう!!!
by mexicoleon | 2012-02-16 00:39 | 妊娠 en México

臨月です

a0110123_018587.jpg
臨月に突入しております。予定日まであと3週間、もういつ産まれてもおかしくない状況です。
ベベグッズも一通り買い揃え、こちらで手に入らない日本製品は妹にEMSで送ってもらったりして準備も万端。
写真にあるのは去年ヒューストンで買ってきたもので、Carter'sのべビー服たち、アウトレットですべて半額!
ほんとにビックリするほど安くて、デザインも可愛くてあれもこれもと手に取り・・・物欲大爆発!いつの間にかこんな大量に!
女の子のものを買うのは初めてなもので・・・お買い得感も相まってテンションあがりまくりでした!

前回35週の検診でもうすでに推定体重2,800gとのこと、腹囲もすごくていつのまにそんなに育ったの?という感じです。あんまり大きくなると産むの大変になりそうなので恐ろしいですが・・・

いつ来るかわからない陣痛にちょっとドキドキ、そして初めての無痛分娩、どんなものかとちょっぴり楽しみでもあります。

さあ、いつその日は来るのでしょうか!?
by mexicoleon | 2012-02-04 00:46 | 妊娠 en México

出産予定日

a0110123_01390.jpg
妊娠7ヵ月になりました。カレンダーによると予定日まであと111日。

スペイン語の妊娠&出産本は難しい医療用語を理解するのに活用してます。
まだまだ辞書を引きながら読まなくちゃいけないところがたくさんありますが・・・

妊娠カレンダーというアプリはとても便利で、週数を確かめたり日記をつけたり毎朝計っている体重を記録するのに使っています。勝手にグラフ化されるので一目瞭然、この頃右肩上がりです。。。

さて私の出産予定日は来年2月下旬なのですが、2012年ってオリンピックイヤー、つまりうるう年なんですよね。もしも2月29日に産まれたら・・・4年に一度しか誕生日が来ない?!

気になって調べてみたのですが、法律上では「誕生日前日の終了時(午後12時)をもって加齢するため、平年・閏年を問わず、毎年2月28日午後12時に加齢する」んだそうです。
なるほど、だから4月1日生まれの人って早生まれになるんですね。はじめて知りました。

でも4年に1回しかカレンダーに自分の誕生日がないなんてちょっとかわいそう。。。
他の日を選んで生まれてくるのだよ・・・!
by mexicoleon | 2011-11-08 00:23 | 妊娠 en México

3人目って!?

a0110123_3535030.jpg
だんだんおなかが目立ち始め、いよいよ妊婦っぽくなってきました。
もう妊婦用レギンス&ゆったりチュニックの服装しかできません・・・

いつも家の中で男の子二人が遊びまわっていてにぎやか(というかうるさい・・・)なのには慣れてますが、これにもう一人子供が増えるってどんな感じなんだろう?と考えたりしています。
自分に子供が三人・・・って10年前こうきちを産んだ頃には想像もできなかったな・・・
でもメヒコに来てまわりに三人の子供がいる家庭がけっこう多く、いつの日か自然に考えられるようになった気がします。中には20代で子供がすでに4人!なんていうツワモノママも。

仲良くしているママ友達からことあるごとに「次はいつ?!」「まだ!?」とさんざんプレッシャーをかけられてきましたので、ようやくみなさんの声にお応えすることができたわけです。。。

日本とは違い広い一戸建ての家で、住み込みのお手伝いさん付きで、大きな車で移動する生活。
子育てするには最高の環境ですよね。子供たちをみてもメヒコという国がそうさせるのか、とても大らかにのびのびと育っていて、明るく人懐っこくて、大きな子が小さな子の面倒をみてあげることが自然にできている印象があります。

さて、ふと開いたページでこんなものを見つけました。ですよねー!っていう感じです・・・
3人目の子供の扱いはこうも違う!

3人の子供を持ったときの、親の力の抜け方
by mexicoleon | 2011-11-02 04:06 | 妊娠 en México

母子手帳

a0110123_1161627.jpg
妊娠が判明してから早4か月。
ただいま妊娠6ヵ月後半、月に1回のペースで妊婦検診を受けています。
3度目の妊娠といえどここはメヒコ、医療の仕組みも違えば、担当医との会話もスペイン語オンリー。やはり戸惑う事も多々ありまして。

たとえば・・・初診でつわり対策として「吐き気止め」(BONADOXINA)の薬を処方されて驚いたり、産婦人科につきものの「内診」が一切なかったり・・・
帝王切開が出産の選択肢にあって自ら希望することさえ出来てしまうという・・・
国が違えばいろいろ違うものなんですね。

ただ毎回の診察はとても丁寧です。ゆっくり問診の時間があって、エコーもこれでもかというくらいたっぷり時間をかけて見てくれてその都度DVDまでもらえます。

まあでもとにかく無事に出産出来さえすればいいので、腹をくくって臨むのみです。
幸いスペイン語もこの4年間の生活で「何とかできる」レベルぐらいにはなっている(と思う!)し。

写真の冊子は母子手帳スペイン語バージョンです。メヒコにはこういうものは存在しませんが、母子衛生研究会が発行しているスペイン語/日本語母子健康手帳を取り寄せて自分で書き込んで使っています。
恐ろしい数値の体重を書き込むことがありませんように・・・
by mexicoleon | 2011-10-27 01:50 | 妊娠 en México
line

初海外赴任記録 2007/6~2012/4 メキシコ


by mexicoleon
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite